大学生活の片鱗を気ままに書いてみたりするブログ。ぼっちでパペガ、マジカやってます。初心者、フレ募集中です(・ω・)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春休みの
やべ、今日レポート全く手をつけていない…流石にやらないとな。

でも現在進行形で進めたいのは個人的に勝手に勉強するためにやってるゲーム作り。
ゲームといっても、本格的なものでなく、いやどうなんだろう、本格的かどうかはわかんないけど、
JavaでMTG(Magic the Gathering)を動かせないか、今の自分でどれだけそれが出来るだろうか、ということに兆戦中だったりする。

まあ多分出来ないんだけど←

そもそももうJava結構忘れてるし。
インターフェイスとクラス継承もっかい勉強しなおしたし。
それにしても、Javaに構造体がないことをすっかりわすれていた。
でもCでやるよりかは、まだJavaの方が理解できてるからそっちでやろうかと。


とりあえずカードデータを収納するための擬似構造体っぽいのは作れた、はず。
それぞれのデータに収納されてるデータを出力して、ちゃんとデータが入ってるかは確認できた。
けど、まだ名前とかATK/DEFくらい。
MTGのカードがもってる情報って…

名前、ATK/DEF、必要マナ数、色マナの数、種族、その他もろもろ…

あと、クリーチャとか土地とか色々あるじゃない。
それらをどうまとめるか…
インターフェイスとかクラス継承使って分けるのか、同じクラスないでカードタイプごとに分けるのか…
そこに苦戦中。
インターフェイスとかクラス継承でまとめると、いざ区別して使おうとした時に上手く使えない…
やっぱこの辺が勉強足りない、というか経験なんだろなー。

今のところは、全部同じクラスでまとめちゃって、
それぞれのタイプに識別番号をつける。例えば…

クリーチャ:4
アーティファクト:6

とか。こーすれば、クリーチャは4の倍数、アーティファクトは6の倍数、とかで区別出来る。
プログラム上で動かすときは便利かと。
26はアーティファクト・クリーチャとして判別出来るし。
あとパーマネントは偶数、とかね。


うーん…こんなことをしている場合じゃないけど、つい面白いからやってしまう。
けど本気でレポート時間ない…
明日出かける+バイトだし、明後日は岐阜だし、日曜くらいか、まとまった時間とれるの。

あー、やば。今からでも少しやるか…。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。