大学生活の片鱗を気ままに書いてみたりするブログ。ぼっちでパペガ、マジカやってます。初心者、フレ募集中です(・ω・)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
shake the soda pop
こんにちは。
名古屋は雨のち晴れでしたが、1番雨がひどい時に自転車に乗ってました。
ズブ濡れです。


本日のカードはこちら。

“呉”大都監「冥琳」

“呉”大都監「冥琳」
攻撃力:5(+1)
耐久力:6(+0)
【登場】〔自分の表の“呉”のキャラを1体控え室に置く〕
[永続]自分の前衛の“呉”のキャラすべては「相手選択」を得る。


どうでしょうか。
斬新な効果ではあると思います。これまでに無い面白いデッキが出来そうな気がしますね。

ただ、このスペックで「表」のキャラを置くのはなんだかなぁ…と。
使うにしても、これで1枠分ですし、決して使いやすい効果では無いので、上級者向けでしょうか。
まぁ、他にどんな呉のカードが出るかわからないので、まだどうなるかわかりませんけどねー。


さて、相手選択ですが、初心者やこれから始める人は勘違いしてる人もいるかもしれないので、おさらいをしておきましょう。

もともと相手選択というのは、デッキにダメージを通さずにキャラにダメージを通すためのものというのが定義らしいです、らしい。
そんなわけで、相手選択が使えるのは、相手がダメージをデッキに通す、と宣言した時ですね。
その時に「じゃあ、相手選択でこっちのキャラとバトルを…」と選択出来るわけです。
別にデッキにダメージを通す時以外に、相手選択が使えないわけでは無いのですが、相手がガードキャラを選ぶと、そこで強制的にそのガードキャラとバトルすることになってしまうので、意味が無いです、ということですね。

んなこと知ってらー、って人はごめんなさい。
ただでさえChaosはルール厄介ですから、これで1人でも役にたってくれたら嬉しいなぁ、とか思ってもいないことを…苦笑


それでは、この辺でー。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。