大学生活の片鱗を気ままに書いてみたりするブログ。ぼっちでパペガ、マジカやってます。初心者、フレ募集中です(・ω・)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーでも良いけど、『反射』+『相手選択』の有用性について。
眠い。


おやすみなせぇ…。




嘘です。
最近、流行りだよね、嘘つくの。

でも、事実眠い。


さて。
ちょっと前に、少し話したけど。


第一のファン「立川 郁美」

[永続]このキャラはアタックキャラやガードキャラに選択できない。
Battle
〔【表】【スタンド】から【リバース】にする]ターン終了時まで、目標のキャラ1体は『相手選択』か『先制攻撃』を得る。


こんなカードがVIPに存在します。
個人的には、評価して良いカードだと思うんだ。
というか、VIPのカード侮っちゃいけないと思うんだ。


話が逸れた。
さて、それでですね。


相手がアタックしてきたとしましょう。
この時、自分のアリーナに『反射』を持つキャラがいるとします。

えー、まぁ大体の場合『反射』持ちのキャラはパートナーであるコトが多いので、
ここでもパートナーとしておきましょう。


ここまでの仮定の上、さらに上記のカードが自アリーナにあるとしますとですね。


ガード宣言前に『反射』のパートナーに『相手選択』を付与

そして、その『反射』『相手選択』を持つパートナーでガード

そして、相手選択をする


そうするコトで、相手のキャラがアタックするコトにより、
『反射』のダメージで、アタックしていない他のキャラにもダメージを与えるコトが出来ます。
これにより、アタックキャラを減らすコトが可能になります。
反射が通れば、ですが。


これは、それなりに悪くない気がする。
新しい『反射』の使い方だと。



いつか、使ってやろう。



そう思ってたのですけど。
『相手選択』の効果を読み直してみましょう。


『相手選択』
このスキルを持つキャラがアタックキャラに選ばれた場合、相手プレイヤーだけでなく、相手のキャラを目標にアタックすることができる。


無念なり…

ただそれだけです。


なんで、アタックキャラに選ばれた時だけなのかしら。
つまらーん。

以上、少しやさぐれました。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。